確定申告の留意点 ⑨出産手当金等

医療費控除の計算において、出産育児一時金、高額療養費などの健康保険等により補てんされる金額がある場合には医療費の額から控除する必要がありますが、申告段階で支払った医療費に対する補てんがあると思われる未収のものがある場合には、その分も見積りにより控除する必要があります。

ただし、出産手当金や傷病手当金は、補てん金に該当しませんので控除する必要はありません。

くれぐれも混同しないようにご注意を !!

コメントをどうぞ