ホステスの源泉徴収

パブクラブのホステスの報酬にかかる源泉税額を計算するうえで、支払金額から控除する金額の計算期間の日数が争点となっていた訴訟で、最高裁は東京高裁の判決を破棄し、差し戻しを命ずる判決を行いました。

この事例では、ホステスの業務に関する報酬の額が一定の期間ごとに計算されて支払われている場合に、支払金額から控除する金額を、5,000円×出勤した日数とするのか、支払金額の計算期間の日数とするのかが争われていましたが、最高裁判所では、法律の文言が「期間」といっているんだから、期間であって、出勤「日数」とは違うでしょといった判決でした。

確かに、期間って言葉は、連続姓を持った概念ですから、文章をそのまま読んだらそうなるよねって感じですね。

こんな言葉の解釈に現場は踊らされていたんですからたまりませんね。(現実的には、最高裁判決どおりにしていた会社がほどんどだったでしょうから、ほっと胸をなでおろしているでしょう。)

ただ、この特殊な源泉徴収の仕方は、ホステスさんが「売掛金」を持つなど一昔前の就業形態を前提として制定されているもので、現在のような勤務形態であれば、給与所得(あるいはアルバイト代)とするのが個人的には妥当だと思いますが。

タグ:

コメントをどうぞ